無題

ゼロとイチの狭間で一晩考えて気付いたことは、どちらも在るということ。 無も有も現象として在るということ。 無もまた在るということ。 明日からまた通常運転に戻ります。